3parのハードディスク管理

3parは複数のハードディスクを1つの領域として扱えるストレージを販売しています。

ストレージの多くが複数のディスクをある一定の区画で管理することが多いのに対し、3parのストレージは1つの領域として、しかも、可変容量を実現していることが特徴となっています。

お勧めの3parの知識が身につきます。

3parのストレージではハードディスクを増設すると容量が単純に増えるだけです。

ビジネスジャーナル関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

論理的な処理をすべてストレージ内のコントローラーが行うので管理者や利用者からはディスクの存在を意識すること無く利用することができます。


また、管理者側からはさらに障害時の対応も素早くできるメリットもあります。


障害が起きたディスクの交換は他のストレージと同様ですが、ディスク交換後のシステム復帰が3parはとても早く行われます。



これは全ディスクへの一斉書き込みが速いこと、コントローラが複数のASICを利用してデータ転送を効率化していることが理由としてあります。
そのため、障害からの復帰が早く、また、高トランザクションが発生している場合も処理速度が落ちないと好評です。

3parは複数のディスクをまとめて管理しますが、利用されるデータの利用頻度も随時チェックしており、ハードディスクの速度に応じてデータの再配置も行っています。


データの再配置はキャッシュとも連動しますが、アクセス頻度の高いデータを高速なディスクに移動させることも行うことでさらにスループットを改善させられると期待されています。