3parのストレージが選ばれる理由

ストレージ業界は激戦区の一つですが、中でもスループットは競争の指標として注目されることが多い数値です。


スループットはストレージからのデータ転送だけで評価されず、トランザクションが発生した際のスループット、データの再配置などのシステムのメンテナンスにおいてのスループットなども合わせたトータルのスループットが利用され、3parは中でも高スループットを実現できるストレージとして人気があります。
3parのストレージの特徴は専用のデータ転送ASICからなるコントローラと管理ソフトウエアです。



コントローラはCPUも搭載してデータのクローニング等を行ないますが、ハードディスクとのやり取りはASICが行うことで全体の処理速度を上げています。また、コントローラはメッシュ構造で接続されているのでデータの一斉書き込みが効率よく行えるのが特徴です。

大規模ストレージになればなるほど複数のハードディスクをまとめて1つの領域にするシステムが必要となりますが、3parのストレージはこの点でもメッシュ状のコントローラ接続でスループットを高めています。

また、ディスクごとの利用率、データごとの利用率をチェックし、利用率に合わせてデータの再配置を行うなどもスループット改善に役に立っています。



ストレージではディスクごとの速度差を考慮しない場合も多いですが、3parでは速度別にディスクを管理し、利用率の高いデータを速いディスクに書き込むなども行われています。

BIGLOBEニュースサイトを見つけることができました。