3parはディスクの効率利用にも注目している

3parはストレージメーカーとして注目されている存在です。


特に独自の開発されているコントローラの処理能力が高く、ストレージのスループットが他社に比べても格段に速い、また、高負荷時のトランザクション処理率も高いのが特徴です。

独自性の高いlivedoorニュースといえばこちらです。

3parのストレージは主にメッシュ状に配置されたコントローラーが多数のディスクを全体として1つの領域として管理する仕組みが特徴としてあります。
レイド構成などで1つのディスクとして見せる技術は他社でもありますが、コントローラがメッシュ状に配置され、ハードディスクをまとめて効率よく管理するのは3parの独自技術でもあります。



まとめられたハードディスクは管理が大変であることも多いですが、3parのまとめる技術は管理者の負担を極限まで下げており、1つのディスクを利用するのと変わらない使い勝手であると好評です。
また、複数のディスクにまたがってデータをやり取りしますのでスループットが重要になりますが、メッシュ状にコントローラが配置されていることで偏りのないデータ配置が可能となり、また、コントローラーには専用のASIC回路があることからデータ転送も早く行えます。ASICを利用する場合、CPUとの処理を分けることが可能となりますので全体のスループットを上げることが可能であり、CPUに処理の思いクローニング等の処理を分けることで効率よく処理が行われます。
このコントローラはメッシュ接続であることから、障害時も対応がスムーズに行えるので好評を得ています。