moonshotのビッグデータ対応

ビッグデータは単一のサーバでは処理しきれないデータ量であり、複数のサーバで処理をします。
従来のシステムは数十のサーバを複数のラックで収納して処理をさせてきました。



そのため、スペース、電力、そして人員の確保が問題となっています。

そこで注目されているのが高集積サーバです。

高集積サーバは1つのシステムで数十のCPUやメモリを搭載できます。

ただし、利用にあたっては専用のプログラムが必要だったり、利用出来るCPUがパワー不足であったりと使い勝手がよくないと考えられてきました。

しかし、moonshotではこれらの問題を解決し、ビッグデータ分野でも使えるシステムとして注目されています。


moonshotはCPUとメモリ、ネットワークを1つにまとめたカートリッジと呼ばれるユニットを45本搭載でき、電力、あ場合によってはネットワークも共有することでコストカット、電力カットを実現しています。

特に電力については半分以下の使用量で済む事例も多く、空いたスペース、電力にさらにサーバを増やすことができたと好評です。

moonshotのコンピューティングユニットはATOM、Opteron、XEONと用途に合わせて選ぶことができます。



ビッグデータのようなデータ量の多い処理の場合はXEONを選ぶことでコンピューティング性能が足りないということはなくなります。

また、ビッグデータではメモリ量も必要ですが、32GBをユニットごとに持つことで処理不足を防ぐことが可能です。

NAVERまとめに関する情報を公開中です。